So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ニワカ、リラックスしに行く(本編) [音楽]

BAW_B777-300ER_STBC_0001.jpg

流石に今日はどこにも出る気力無し。
写真の整理を続けていますが、途中で寝落ちしてしまい、何時もの昼寝よりも前倒しでガッツリ寝てしまいました。

で、昨日は山中湖に出掛けて、エビ中夏のファミリー遠足、略してファミえんに出掛けてきました。
何気にエビネギ以来、そして4thアルバムが出て初めてのライブに足を運んだことになります。
前回、春のライブハウスツアー、そして6月のエビフェスは両方とも折角チケットを手に入れたのにも拘わらず、行くのを自重したので…。
矢張り、いきなりのスタンディングは敷居が高い。

そのファミえん、今年もバスツアーに申し込んで新宿から出掛けた訳ですが、早めに行ってかなり前のバスに乗ったのに、運転手さんが道を間違えて明後日方向に行ってしまい、結局、新宿組では一番最後の到着になってしまいました。
毎度、バスツアーでは何かありますし、まともに着いた験しがありません。
一応、聞いたことも無いバス会社では無く、ちゃんと名の通った観光バス会社だったのですが、「こんな事ある?」でした。

そんなハプニングに見舞われながらも会場に着き、リストバンドを着けて貰って、先ず物販。
今回は少し自重して、座ってもいいリラックスエリアをチョイスしたのですが、最初、スタンディングエリアの列に並ぼうとして、途中で気が付き、リラックスエリアの列に並び直し。
結構簡単に事前認証が終わりました。

物販では念の為のタオルと、何時もの様に生写真セットを購入。
今までは結構な確率でサインが出ていましたが、ここ最近は確率が低くなって、サインが出て来ません。

そして、パクパクうーたん村で御飯を食べようと思いましたが、並んでいた人が多くて、昼を過ぎていたので、一番列が短い、そしてうーたん村の対象外でステッカーが貰えない富士宮やきそばに並んで、焼きそばと肉巻おむすびで腹拵えです。
関東は38度とか報じられていましたが、山中湖近辺は湖が至近にあるからか、結構風が通って涼しかったです。
芝生に腰掛けてもぐもぐタイム。
そして、もぐもぐタイムの後は、うーたん村でかき氷を、と考えていたのですが、時間が余りなさげだったので、列の短いタピオカに並びました。
初めてタピオカを飲みましたが…う~ん、微妙。

そうこうしているうちに入場時間になったのですが、リラックスエリアは一番最後でした。
これなら、もう1品並べたかも知れません。

リラックスエリアは、座っても良し、寝そべっていても良し、子供用の遊具も有ったりして正にリラックス出来るエリアで、全体に傾斜が着いている場所です。
最初、最前列近くに陣取ったのですが、座ると前のスタンディングエリアの人達が立つとステージが見えないので、ちょっと後方に移動します。
メインステージは鳥の目ですが、サブステージになると結構距離が近いのでよく見えました。
彩花ちゃんがイメチェンして可愛くなっているのにキュンとなりましたね(ぉぃ。

例年、最初はゆったりした「ご存知!エビ中音頭」で始まるのですが、今年はいきなりテンションの高い「ラブリースマイリーベイビー」で開始、次に夏の定番曲とも言える「ほぼ、ブラジル」がパフォーマンスされ、一気にテンションが上がります。
昨日はほぼ5曲ブロックという、エビ中にしか出来ない様な流れで進みました。

ひなたちゃんがちょっと喉をやられたみたいですが、それでも喉が開くと十分な発声になっていたので一安心。
また、昨年末のクリスマス学芸会で事故があって、中々本調子にならなかった美怜ちゃんも全編出演してくれて安心しました。
流石に激しいパフォーマンスは未だ出来ないようでしたが、後方にセンターで陣取り、残りの5人が前方で通常のパフォーマンスをすると言うフォーメーションが出来上がっていて、それはそれで違和感ない振付になっていた様に思えました。

各ブロックの中では前方のサブステージに出て来ることが度々ありました。
御陰でリラックスエリアでも各メンバーの表情をしっかり見る事が出来たので満足です。

中編には「いい湯だな」を筆頭に、「朝顔」など聞かせるセトリを持って来ました。
メンバー達はMCで富士山が見えないねと言っていましたが、マジックタイムに一瞬富士山の輪郭が見えましたよ。

このファミえんもエビ中のコンサートスケジュールの中で、結構早くからやっていたもので、2013年からはテーマソングが発表されていますが、後半のセトリでは、「ナチュメロらんでぶー」、「HOT UP!!!」などの各年のテーマソングをパフォーマンスしてくれました。
最初に聴いた時は拙かったこれらの曲も、今では堂々と歌いあげているのを見ると、メンバーの成長を改めて感じました。

ニューアルバムMUSiCの曲や最新シングルであるトレンディガールの曲も其処此処に鏤めていました。
個人的には初めてそのパフォーマンスを見たのですが、既に春ツアーやフェスなどでやりこなしているので、完全に自分のものになっていましたね。
成長途上の曲を見るのも良いのですが、こうした形で完成したものを見るのもまた趣があっていいです。
「元気しかない!」の歌穂ちゃんのボケぶりと、「校長のメガネ」と言った時にメガネを付けていない情けない表情の校長がモニターに映って爆笑しました。

そう言えば、去年までひなたちゃんは突発性難聴の御陰でイヤモニを余り付けられず、結果メインステージを出ず、今年はひなたちゃんと美怜ちゃんがこのエリアに留まっていました。
そして、サブステージには残りの4人が出て来てパフォーマンスする形です。
それにしても、彼女達は完全に体力お化けですね。
あれだけ激しいパフォーマンスと生歌を歌っているのに、息一つ乱れないと言うのはスゴイと思います。
本編ライブの最後に、ひなたちゃんと美怜ちゃんがサブステージに出て来ました。
挨拶だけですが、何気にここ最近ではひなたちゃんのサブステージへの出現は初めてですね。
貴重なシーンを見せて貰えました。

更にアンコールは彩花ちゃんが出て来て、まさかの「ご存知!エビ中音頭」から始まった…と思わせて、各メンバーソロで1フレーズだけ自分が中心の曲をメドレー形式で歌うと言う新しい形式でのパフォーマンスを見せてくれました。

ところが、ここでハプニング。
メンバーが良いパフォーマンスを見せてくれたのですが、最後の歌穂ちゃんが見事なオチ。
前のエビ中フェスで、岡崎体育さんが「あるあるフラダンス」に合わせて見事なフリップ芸を見せてくれたので、本家の面目躍如と歌穂ちゃんが「あるある小林」をやったのですが、そのフリップがスタッフの間違いで本編用のものでは無いリハ用のものが用意されていて、しどろもどろになったと言うね。
一歩間違ったら笑えないものだったのですが、莉子ちゃんの突っ込みとフリップを持つひなたちゃんのアシストも面白くて、大笑いしました。

アンコールでは、更に、「梅」、「イート・ザ・大目玉」、「Family Complex」と畳み掛け、ファミリーのテンションをどんどん上げて行ってからの、後は、「星の数え方」をしっとりと歌って、静かに退場。

上げた後でストンと落とす、エビ中らしいライブの終わり方でしたね。

色々とハプニングや体調とかもあってメンバー的には余りパフォーマンスが良いと言えなかったのかも知れませんが、ファミリーからすれば総じて満足度の高い、ここ数年で最高のライブになったのでは無いかと思います。

帰りは道を間違えて変なところに行く事も無く、最初に出発したバスで帰ってくることが出来ました。
今冬は12月21日と22日にクリスマス学芸会があるのですが、ももクロと被ったのでは無いかと気が気ではありません。
まぁ、そもそも会社の鯖メンテナンスと被ってはいるのですが。
タグ:音楽 ライブ
nice!(0) 

ニワカ、リラックスしに行く [音楽]

BAW_B777-300ER_STBB_0008.jpg

そんなわけで、今日はファミえんです。
朝から出掛けて、恐らく帰りのバスの中かな、と。
色々、書くことはあるけれど、多分、今日中に帰り着けないので、ゆっくりしたときにまた書こうと思います。

余裕があれば本文後で書きますが、恐らく無理かな。
タグ:生活 音楽
nice!(0) 

水の恐怖 [ひとりごと]

BAW_B777-300ER_STBA_0027.jpg

明日はファミえんだと言うのに、全然準備が出来ていません。
しかも、ポヤポヤしていてレジャーシートを買い忘れました。
まぁ無茶苦茶暑いので、何処かに避難するもありかな、と思っています。
幸いにしてリラックスエリアで、座っても良し、寝転んでも良しの場所を今回取っているので。

そう言えば、今日ニュースを見ていたらとしまえんプールで、救命具を付けてプールに入っていた女の子が、浮き遊具の下敷きになって亡くなったというのをやっていました。

救命具を付ければ浮くから大丈夫だろう、と思うのは素人の浅はかさ。
流れに載っかって、間違って浮き遊具の下に入ってしまえば、浮上することは困難です。
浮き上がれなくなると、人間パニックになって大量の水を飲んでしまい、肺の中の酸素を消費してしまう。
大人でもそんな感じでしょうから、ましてや子供だとどうでしょう。
想像に難くありません。
くれぐれも、大人は子供から目を離さないでください。

何でこんな事を書いているかと言えば、子供の頃、同じ状態になったから。
いままで幾度となく死線を越えてきた私ですが、小学校低学年の頃、海水浴に須磨の海岸に行った折、海岸線でぴちゃぴちゃ泳いでいたら、後からサーフボードがやって来て、私はその下敷きになりました。
サーフボードだって水に浮くのですが、それがのし掛かってくるわけですから、かなり恐怖です。
しかも船底は、小さなものでも子供が抜けるにはかなりの幅があります。
まして、全長側だと完全に子供だと息が続きません。

幸い、尖った舵?の部分がのし掛かってくることは無かったので、水をしこたま飲んだ程度で難を逃れましたが、舵の部分が頭に当たっていたら完全にスパッと切られていたかも知れません。

正直、どうやって逃れたか、今でも記憶が定かではありませんが、兎に角、かなりパニックになり、海水をがぶ飲みして一所懸命這いずって海面に浮上した訳です。
それでも、相手は全く謝らずに無視していったなぁ。
私はと言えば、水を飲んで溺れかけた挙げ句、親に怒られて踏んだり蹴ったりでした。
しかも、帰りの阪神電車の赤胴車は、冷房とファンが効き過ぎて完全に風邪を引いたっけ。

幸運にも生き延びましたし、それがトラウマになる事も無く、泳ぎは今でも達者です。
もしかしたら、この恐怖が泳ぎを上達させた可能性は否定できませんけれど。
それにしても、同じ海岸で、サーファーと海水浴客が同居していたのもどうかと思いますけどね。
今だと、水上バイクの下敷きになるなんてのもあるんじゃ無いでしょうかね。
それだと、スクリューがあるし重量があるから更に悲惨なことになりそうです。

改めて書きますが、本当に、親御さんはお子さんからくれぐれも目を離さないでください。
nice!(0) 

生活ヒヤリハット劇場第二幕 [パソコン]

BAW_B777-200ER_YMMP_0003.jpg

今朝、雨が降るかもと傘を持っていく様に勧められたのですが、持って行ったら完全に空振りに終わりました。
昨日は朝、カンカン照りだったのに、荒川を越えると急に雲行きが怪しくなり、鶯谷で吹き降り。
電車を降りても結構な降りになっており、結局折り畳み傘の出番となりました。
それを踏まえて、傘を持っていったというのに、当てが外れました。

さて、今日もメールをチェックしていたら、こんなものが来ていました。

毎度おなじみの詐欺メールです。
手を替え品を替え、能く来るものですが、大体変なものなので、引っかかるのは余程、注意力散漫な人では無いかと思ったりします。

て事で、今日もそれを曝そうと思います。

タイトルはこれ。
「※『FC2.com』よりお知らせです ※通信記録開示による事前請求権行使の通知」
このタイトルでググってみたら、まぁ、迷惑メールでヒットする数の多いこと多いこと。
で、会社のメールアドレスが.xyzで終わると言うね、まぁ怪しさ倍増。
普通、まともな会社のメールアドレスだったら、grとかco.jpとかcomとかですよね~。
そのドメインを調べてみるとお名前.comで取ったものらしいです。
住所は埼玉だったり、福岡だったり。
更に発信元を調べると、豪州のプロバイダに行き着きましたが、念の為、記載しているIPで調べると、出ました!香港のプロバイダ。
まぁ、この時点でゴミ箱行き確定です。

さて、本文。
下記、ご確認お願い申し上げます ・情報開示請求概要(プロバイダ責任制限法第4条) 開示関係役務提供者 株式会社FC2 日本窓口 デジタルコンテンツ管理課 貴殿(hogehoge@hoge.com)はFC2.comが管理するWEBContents(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サービス)ご登録後、無料期間終了後に正式な解約処理を行わないまま放置をされ 現在、利用料金を滞納している状態となっております。 電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。 2019年8月15日現在 未納金総額 (【513,500円】 ) ※遅延金等を含む つきましては、未納分及び延滞損害金をお支払頂く様本状にて勧告とし、貴殿に穏便に問題解決する意思がある場合は、当方にて合意解約(和解契約)の手続きを行えるよう手配致しましたのでご確認ください。
まず、あたしゃ、全くFC2のサービスなんぞに手を出してはいないのですがね。
そして、インフォメーションなるものにアクセスする手段は持ち合わせておりませぬ。

fc2(下記WEBコンテンツ一覧)に登録をしてない、利用した記憶がない、その他間違いである場合、当カスタマーセンターにご連絡を頂きましたら、登録情報の確認並びに本人確認を行うことが可能となっております。 申請された登録情報が一致し、本人確認が完了した場合のみ、【有料アカウント削除】を行うことができ、fc2提供サービスを管理する運営元が現在発生してる遅延損害金を含む未納金全額の債権放棄をします。
で、カスタマーセンターなる場所への連絡手段が書かれていない訳ですね。
普通、企業さんの連絡だと、何らかの連絡手段(フリーダイヤルとか住所とかそう言った類のもの)が記載されているはずですが、こうしたメールには何等書かれておりません。

債権放棄履行後、遅延損害金を含む未納金の債務は消滅し、データベースに保存されてる登録されてる一切の個人情報を抹消し、登録されましたアカウントのご利用はできませんので、注意下さい。 当該アカウントにてネットショッピングの商品、デジタルコンテンツ等が注文処理中の場合、全てキャンセルとなりますので予めご了承下さい。
どーぞどーぞ、特に何も注文もしていませんし、そもそもアカウントの登録なんぞしていませんから。

=削除申請の手続き方法= 現在発生してる遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債務消滅、個人情報抹消を希望される場合、回答期限である本通知閲覧後24時間以内に【アカウント削除申請】と本通知に記載し、ご返信下さい。 申請のご確認が取れましたら、利用履歴およびアカウント情報の削除処理を進めてまいります。 ※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。 その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。
どこの誰から来たのか分からないメールに返信しろと、もうね、アホかバカかと…。
まぁ、こうしたメールに返信したが最後、同じ様な脅迫メールがどんどんやって来ますから、万一返信したのなら、さっさとメールアドレスを変えましょう。

尚、このままアカウント削除による和解手続きのご返答が確認できなかった場合は債権回収三次団体への委託処分となります。 債権回収三次団体は国からの認可を受け、合法的な強制処分を執行できる機関となります。 1.ご口座及び給与の差押え 2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分 3.自宅への訪問及びご自宅のポスト及びドア等への督促状の貼り付け 4.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求 を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。 このような事態にならないよう貴殿の速やかな対応をお願い致します。 ※ご自宅訪問の際は財産物の強制没収と売却が行われます。  (テレビやパソコン、携帯電話など生活必需品以外の全ての財産物を強制売却致します) 上記のように、手続きを拒否した場合認可団体へ債権が委託され日常生活に支障をきたし、更に親族や知人にまで多大な迷惑がかかる事となります。 貴殿の速やかな対応が予期せぬトラブルを防ぎ、これ以上の請求の発生を防ぐ唯一の手段となりますのでご対応の程、お願い申し上げます。 以上
はい、ダウト。
まず、サービサーが督促状の貼り付けとか、親族や職場に連絡する時点で違法な取立となります。
こうした場合で、逆にこちらが提訴したらそのサービサーは確実に負けますし、行政処分の対象になる可能性が大です。
日常生活に支障を来しとか、親族や知人に多大な迷惑をかけるとか脅迫めいた文言がありますが、そもそも、債権と言うのは連帯保証人となっていない限り、個人に属するものであって、連帯して親族やら知人が支払う様な事は有りませんし、そんなことをしたら逆に訴えていいレベルです。

以降もゴチャゴチャ書いてありますが、まぁ、結果、詐欺メールなのでこれ以上書くのはアホらしい。

まぁ、こうしたメールが届いたら、さっさとゴミ箱に捨てて削除してしまいましょう。
念の為、法務省のページを貼付けておきますね。

法務省のページ
nice!(0) 

ももクロ青春録 [読書]

BAW_B777-200ER_YMMN_0007.jpg

今日から仕事。
数字合せが残っていたのですが、何とかやり終えて、誤差がかなり小さくなりました。
まぁ、無理矢理あわせたと言うべきか。
午前中、それに感けていたので、午後から本業に精を出そうと思っていたのですが、また余計な仕事が2つほど入って、振り出しに戻るです。
本当に、小人さんが何人も必要ですよ。

さて、ここ最近読んでいた本の紹介。
『ももクロ青春録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイド・レポート 2018-2019』(小島和宏著/朝日新聞出版刊)

ここ最近ですが、ももクロ関係の本が朝日新聞出版から出るのが、凄く違和感があったりします。
言うては悪いですが、朝日新聞出版と言えば、かなり堅い本を出しているイメージがあってタレント本なんか手を出したことは無かったのに、と言う思いがあって。
以前の版元は白夜書房さんだったのに、吃驚ですね。

そんなことは置いておいて、要は毎年夏に出るももクロの年代記的な本です。
去年6月以降からの1年間を、ももクロの座付記者である小島さんが身近にいて、彼の視点で取材して、取り纏めたもの。
とは言っても、何処かの雑誌の記事を適当に並べてお茶を濁すものでは無くて、しっかり取材した結果を書き下ろしたものとなっています。

去年は10周年イヤーでしたが、序盤に4人体制になってしまい、急遽振りを変えないといけなかったり、慌ただしい日々を送ったももクロメンバー。
しかし、6月頃になると慌ただしい中にも徐々に落ち着きを取り戻していきます。

去年の軸となったのが47都道府県ツアーの完遂と、ミュージカルへの挑戦で、この本の記述も、その2つの出来事に多くを割いています。
何時もなら、春、夏、冬の大箱コンサートに、いくつかのフェスが彩りを添えるのでしょうが、去年はそうしたものは脇に追いやられています。

その中では10年で既に完成したと思っていた「ももクロ」と言うパッケージが、4人になった事によって、再び未完成に戻り、自身達が試行錯誤しながらそのパッケージを再構築していく様が赤裸々に綴られています。

また今回からは、小島さん自身の視点ばかりでは無く、周辺の人達の視点からみたももクロと言うのも取り上げられています。
一番興味深いのは、恐らく川上さんの視点なのでしょうが、ラスボス的な人を出してしまうと、その後が続きませんから、周縁部の振付師のAnnaさん、普段日の目を見ない様なコンサートの裏方さん、そして、ももクロの音楽を全面的にみているキングの宮本純乃介プロデューサーが彼等の視点から見たももクロを語っています。

また、巻末には彼女達自身で語るももクロについて、対談形式で掲載されていて、当時、彼女達がどんなことを思い、考え、行動していたかを振り返って貰っていますが、1人1人の役割分担が明確になっていて、特にトーク廻しでの玉井詩織さんの対応が光っていますし、佐々木彩夏さんの俯瞰的にものを見る考え方も随所に現れています。
高城れにさんは、もうももクロの中では精神的支柱になっているなぁ、と。
言葉数は少ないですが、時に発する言葉の一つ一つに重みを感じます。
そして、リーダーである百田夏菜子さんは、完全にリーダーとしての顔ですね。
一番客観的に物事を見て、沈着冷静に振る舞っている様に思えます。
その中には色々な葛藤もあったと思いますが、まぁ伊達に10年以上トップアイドルとして走ってきたわけでは無い事を示してくれていますね。

巻末の対談だけでも読み応えがありますし、勿論本編も、こうだったのか、とかそう言った意味があったのか、と言う謎解きとかも出来るので、読んでいて面白いです。
今回も一気に読み進めてしまいました。

ももクロ青春録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイド・レポート2018-2019

ももクロ青春録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイド・レポート2018-2019

  • 作者: 小島 和宏
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: 単行本



nice!(1) 

成田詣で-メラメラ(その3) [飛行機]

BAW_B777-200ER_YMML_0002.jpg

今日は仕事をしようと思っていましたが、昨日出撃した余波が残っていて、半分寝落ちしてしまい、写真整理しか出来ませんでした。

と言う事で、早速釣果貼り貼り。

UnitedのB.737-800。
UAL_B737-800_36280_0004.jpg
グアム昼便でこちらサイドは初撮り。

Vietnam AirlinesのA.350-900。
HVN_A350-900_A890_0005.jpg
これも昼便でこちらサイドは初撮り。

AuroraのA.319-100。
SHU_A319-100_BUO_0002.jpg
Aeroflotからの移籍機では初撮り。

NocscootのB.777-200ER。
NCT_B777-200ER_XBB_0004.jpg
元Singapore Airlinesでこちらサイド初撮り。

サンマリノ籍のBD-700。
Private_Global5000_T7-ACE_0003.jpg
元々中国籍のビジネスジェット運航会社が委託運航していたのですが、税制上の理由からか、サンマリノ籍に移りました。
サンマリノ籍になってからは初撮り。

China AirlinesのA.330-300。
CAL_A330-300_18356_0006.jpg
こちらサイド初撮り。
午後から、滞泊して居た台湾便が続々と出発していきました。

ANAのB.777F。
ANA_B777-200F_772F_0003.jpg
6月受領の新造機で初撮りの機体。

Air CanadaのB.787-9。
ACA_B787-9_FKSV_0003.jpg
3年前就航の機体ですが、初撮り。

全く予期していなかったものその3。

ANAのB.787-10。
ANA_B787-10_901A_0002.jpg
今まで声はすれども姿は見えずだったのですが、やっと撮影出来ました。
先月受領したばかりの新造機で、ANA初のB.787-10になります。

Cathay Pacific AirwaysのB.777-300ER。
CPA_B777-300ER_KPV_0010.jpg
珍しくB.777-300ERでの運航で、こちらサイドは初撮り。

Asiana AirlinesのB.747-400(BDSF)。
AAR_B747-400(BDSF)_7618_0002.jpg
初撮りの機体で、元々日本航空のB.747-400として引き渡され、2010年に退役。
その後、米国で貨物機に改造され、Asiana Airlinesに引き渡された機体。
そう言う意味では里帰りです。

中国国際航空のA.330-300。
CCA_A330-300_6525_0002.jpg
撮影しているかと思ったら意外に初撮りだった。

Air CanadaのB.787-9。
ACA_B787-9_FPQB_0001.jpg
これも、今まで撮影出来ていなかった機材。

予期していなかったものその4。

JALのA.350-900。
JAL_A350-900_01XJ_0001.jpg
初撮りの機体。
噂では故障のため出発しないと言われていましたが、結局出発しました。
離陸はメラメラ、しかも逆光だったのが残念ですが…。

China AirlinesのB.747-400F(SCD)。
CAL_B747-400F(SCD)_18707_0009.jpg
前日に台風のため出発できなかった貨物便です。
4年ぶりの撮影。

厦門航空のB.787-9。
CXA_B787-9_1356_0008.jpg
国連支援特別塗装機の逆サイド初撮り。

Air New ZealandのB.787-9。
ANZ_B787-9_NZM_0005.jpg
2年前に就航したものですが、最近A滑走路に降りてこないので初撮り。

残り、700枚ですが、さて何時編集出来るやら。
タグ:写真 飛行機
nice!(1) 

こんがり焼けた [日常]

BAW_B777-200ER_YMMK_0006.jpg

今日は祝日。
予定では静岡空港に遠征する予定でしたが、台風の動きが気になったのと、夜から雨予報になっていたので、行くのを中止しました。
毎週月曜、静岡空港には中国聯合航空のB.737-800と、四川航空のA.320-200が飛来する予定です。
中国聯合航空は、福岡と静岡にしか就航しておらず、四川航空のA.320は関空が最近A.321にシフトしているので、貴重な機材が撮影出来ます。

とは言え、中国聯合航空は16時台の到着なので撮影は可能、しかし、四川航空は18時半到着予定なので、雲が多いと光量不足で撮影出来ないかも知れませんし、場合によっては雨が降るかもしれないと言う事でしたので諦めました。

と言う事で、羽田か成田かを迷いました。

羽田はAmericanが成田に飛来していないB.777-300ERを寄越しているし、成田に就航していないLufthansa German AirlinesのA.350-900、B.747-8I、更に同じく上海航空は最近B.787-9にシップチェンジしている、その上、Garuda Indonesia AirwaysはB.777とA.330のレトロ塗装機を寄越すので食指を動かされました。
ついでに、国内線でまだ撮影出来ていない機材も多くあるし、スペマ撮影が出来ていないし。

ただ、羽田は撮影場所が多くある分、見落としとかをし易い欠点があります。

そうなると自然足が向くのは成田になってしまいました。
金曜日に出掛けたので、良いじゃ無いかと云う思いもありましたが、金曜、PIAは毎度おなじみのレトロ塗装機でしたし、行った翌日からAir Calinは新型機のA.330-900にシップチェンジという、ちょっと残念な結果だったので、じゃぁ行ってこようと。

一応、雨の心配は無かったのですが、念の為折り畳み傘を持っていきました。
成田に着くと、デッキに躍り出ると同時にAir Calinが到着したので、すんなりA.330-900の撮影は完了しました。
しかし、今朝の成田は湿気が多く、しかも霧が酷い。
前日の降水確率10%を信じたのに、10時頃から強い雨が降ってきました。
御陰様で、嵐ジェットの撮影やMarindo Airの撮影が思う様に行かず、臍を咬みました。
まぁ、基本的に日常防水、防滴なのでメイン機は何とかなりましたが、サブ機はそうした機能を持っていなかったので、ファインダーをやられたかも知れません。
雨は1時間ほどで抜け、後はピーカンです。

しかしながら雨が降った御陰で日焼け止めが流れてしまい、今、両腕と顔がヒリヒリしています。
帰ってから風呂に入ったのですが、顔に塩がこびり付いていて、洗い流すと目がヒリヒリするし。
水分補給は十分に行いましたが、全部が汗となって流れ出てしまいました。
この代謝の良さ、何とかならないだろうか。

目がヒリヒリと言えば、紫外線も結構多くて、かなりダメージを食らいました。
途中で気が付いてサングラスを取り出したのですが後の祭りです。

一応、明日も休みなのでダメージは回復できるでしょうか、これで釣果がイマイチだったら泣くしかありませんね。
恐ろしくて、未だ全く釣果を見ていません(苦笑。
タグ:写真 飛行機
nice!(0) 

成田詣で-メラメラ(その2) [飛行機]

BAW_B777-200ER_YMMJ_0001.jpg

来年3月で成田からDeltaが撤退するそうです。
北米路線のみ羽田に残し、後は韓国に集約するとか。
前から兆候があったにも関わらず、手を拱いていた日本の航空行政当局の無策怠慢ですね。
SKY MARKが破綻した際、Deltaが救済に名乗りを挙げていたのに、それを無視して国内事情(政権に近いANAに忖度した)を優先させたのが敗因でしょう。

死んだ子の年を数える様なものですが、もし、Delta資本が入っていたら、SKY MARKの成田撤退は無く、スカイチームにSKY MARKが入っていたかも知れず、南洋路線を委嘱されたり、以遠路線を受託する事で、意外に早く海外に進出できたかも知れないですし、Deltaの成田撤退は無かったかも知れません。

こうなると極東のハブ空港の機能は、韓国か中国になる訳で、日本の空港がハブ空港としての機能を果たすことは難しくなりました。
この調子で他の米系航空会社やスカイチーム勢に逃げられてしまうと、インバウンドを主力にした観光を産業化する成長戦略にも影響が出るのでは無いでしょうか。
冗談抜きで、ハブはおろか、日本飛ばしがどんどん続いて、エジプトの空港並になってしまう可能性は否定できません。

因みに、エジプトの空港行政もプライドが高すぎて、世界の潮流に上手く乗り入れることが出来なかった結果、カタールやアラブ首長国連邦の構成各国が伸長し、中東を代表する空港としてのハブ機能を喪失しました。
今では閑古鳥が鳴いている始末です。
日本も遠からずこの運命になる可能性は否定できませんし、近い将来、鎖国と言う事になるかもね。
何と言っても、欧米から日本は端っこでしか有りませんから。

さて、今日も今日とて写真整理。
やっと半分くらいまで来ました。

FinnairのA.350-900。
FIN_A350-900_LWB_0023.jpg
毎度おなじみOne World塗装機。

全く予期していなかったものその2。
AFS_A320-200_WHUS_0003.jpg
一見、VanillaのA.320-200、その10号機なのですが、機体後方の登録記号が日本のJAレジからフランスのFレジに張り替えられています。
Vanilla AirとPeachが経営統合し、Peachが存続会社になる事で、今までのVanilla Airの機材はPeach仕様に合わせる事になりました。
と言う事で、一旦Vanillaを退役して、Airbus Financial Serviceと言うAirbus系列の金融会社に引渡し、シンガポールで回収作業を行って、再びJAレジを取得してPeachに就役する手順を踏んでいるそうです。
固定資産税の扱いとか、バランスシート上の手続きとか色々あるのかも知れませんね。

Thai Airways InternationalのA.330-300。
THA_A330-300_TBD_0021.jpg
毎度おなじみ、スタアラ塗装機。

T'WayのB.737-800。
TWB_B737-800_8329_0002.jpg
今年1月、アブダビのFly Dubaiから移籍した機体で初撮り。

中国南方航空のB.737-800。
CSN_B737-800_5760_0002.jpg
これも初撮りの機体。

Royal Brunei AirlinesのA.320-200neo。
RBA_A320-200N_RBA_0003.jpg
こちらサイド離陸初撮り。

Cargo LogicのB.777F。
BOX_B777F_AALJ_0004.jpg
これも、こちらサイド離陸は初撮り。

S7 Airlines改めSiberia AirlinesのA.320-200neo。
SBI_A320-200N_BGT_0002.jpg
S7航空は、シベリアタイガの大火災復興を支援する為、当面シベリア航空と名乗るそうです。
去年12月受領の新造機で初撮り。

Atlas Air CargoのB.747-400F/SCD。
GTI_B747-400F(SCD)_489MC_0006.jpg
元シンガポール航空の機体で、Saudia、Air Atlanta Icelandを経て、去年6月に移籍した機体。
こちらサイド離陸は初撮り。

Eva AirのA.321-200。
EVA_A321-200_16219_0010.jpg
此の日の昼間に出発した唯一のEva Airの機体で高雄便。
因みに、中華航空は前日滞泊した機体を含め、どんどん出発していきました。

圓通航空のB.737-300(SF)。
HYT_B737-300(SF)_2897_0006.jpg
前回撮影した機体の逆方向で初撮り。

EtihadのB.787-9。
ETD_B787-9_BLW_0004.jpg
今年1月受領の新造機で初撮り。

Cebu PacificのA.320-200。
CEB_A320-200_C4100_0007.jpg
此の日から就航したアンヘレス便。(昔のクラーク米空軍基地)

Pakistan International AirlinesのB.777-200ER。
PIA_B777-200ER_BMG_0009.jpg
レトロ塗装機。

厦門航空のB.787-9。
CXA_B787-9_1356_0003.jpg
国連特別塗装機。

Philippine AirlinesのA.321-200neo。
PAL_A321-200N_C9937_0003.jpg
先月受領したばかりの新造機でマニラ線昼便の機体。

DeltaのB.767-300ER。
DAL_B767-300ER_16065_0014.jpg
Atlanta市長のサインが入った、"Atlanta Ambassador To The World"。
これも来年3月までですね。

中国国際航空のB.737-800。
CCA_B737-800_7890_0002.jpg
大連便で、初撮りの機体。

ANAのB.737-800。
ANA_B737-800_78AN_0015.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

Cebu PacificのA.320-200。
CEB_A320-200N_C3239_0001.jpg
セブ便は今年6月受領の新造機で、neoにシップチェンジ。

と言う事で、今日はここまで。
明日は某所に行きたかったけど、自重して成田へ行く事になりそうです。
しかし、PIAのB.777-200ERを始め、離陸機はメラメラが酷くて使える写真が殆どありませんでした。
タグ:写真 飛行機
nice!(0) 

成田詣で-メラメラ [飛行機]

BAW_B777-200ER_YMMI_0002.jpg

今日は羽田に行く手もありましたが、温和しくリハビリに出掛けて、買物して帰ってきて写真整理。
しかし流石に昨日は消耗したので、昼ご飯を食べてから完全に机の前で寝落ち。
何時もは15時から昼寝するのが、14時過ぎから昼寝し、ガッツリ4時間も寝てしまいました。

そんな訳で早速昨日の釣果貼り貼り。
明日はどうしようか迷うところですが、珍しいのが来そうなら出撃します。

AirCalinのA.330-200。
ACI_A330-200_OJSE_0030.jpg
今日から新機材であるA.330-900が就航して、今までのレギュラー機材のどちらかは退役です。

UPSのB.767-300F(ER)。
UPS_B767-300F(ER)_309UP_0002.jpg
初撮りの機体で新塗装になっています。

Air FranceのB.777-300ER。
AFR_B777-300ER_GZNT_0017.jpg
毎度おなじみスカチー塗装。

KLM-Royal Dutch AirlinesのB.777-300ER。
KLM_B777-300ER_BVK_0005.jpg
今となっては少数派になった旧塗装機ですが、創立100周年記念ステッカーが貼られました。

UnitedのB.777-200。
UAL_B777-200_771UA_0006.jpg
先日からB.737-800に代って、グアム便が大型化されました。

UPSのB.767-300F(ER)。
UPS_B767-300F(ER)_327UP_0003.jpg
こちらは旧塗装機で、こちらサイドは初撮りになります。

JALのB.777-200ER。
JAL_B777-200ER_702J_0015.jpg
これもグアム便で8月からB.777に大型化されました。

SKY MARKのB.737-800。
SKY_B737-800_73NJ_0038.jpg
5月に続いてサイパンチャーター便。

FedExのB.767-300F(ER)。
FDX_B767-300F(ER)_132FE_0002.jpg
これも初撮りの機体。

ANAのB.787-8。
ANA_B787-8_806A_0048.jpg
標準塗装化されました。

AeroflotのB.777-300ER。
AFL_B777-300ER_BQE_0002.jpg
初撮りの機体。

Viet jetのA.321-200Neo。
VJC_A321-200neo_A607_0002.jpg
5月に受領した新造機で、Viet jetのマスコットキャラクター?らしきものが描かれています。
何となくミニオンに似ている様な気が…。

Jeju AirのB.737-800。
JJA_B737-800_8062_0024.jpg
毎度おなじみユンホ塗装機。

Atlas Air CargoのB.747-400F(SCD)。
GTI_B747-400F(SCD)_405KZ_0002.jpg
元日本貨物航空機で、今年2月に譲渡されたもの。
今まで中々機会が無かったのですが、やっと撮影出来ました。

Cathay Pacific AirwaysのB.777-300。
CPA_B777-300_HNK_0012.jpg
返還20周年記念の香港精神號…今の香港とはかなり乖離していますが。

AmericanのB.777-200ER。
AAL_B777-200ER_781AN_0004.jpg
こちらサイドは初撮り。

此の日予期していなかったものその1。
Turkish AirlinesのB.777F。
THY_B777-200F_LJN_0003.jpg
恐らく、3月に開催されたトプカプ宮殿の至宝展の展示物を引き取りに来たのでは無いかと思います。
当然、初撮りの機体で去年12月に引き渡されたばかりの新造機。

Vietnam AirlinesのA.330-200。
HVN_A330-200_A381_0010.jpg
6年ぶりの撮影で、ダナン便の機材大型化。

中国東方航空のA.321-200。
CES_A321-200_2419_0015.jpg
塗装変更後初撮り。

Uzubekistan AirlinesのB.767-300ER。
UZB_B767-300ER_67006_0001.jpg
夏ダイヤの火曜と金曜にしか飛来しない航空会社でこの機体は初撮り。

Easter JetのB.737-800。
ESR_B737-800_7567_0002.jpg
去年7月、ライバル会社のJin Airから受領した機体で元大韓航空機。

KLM-Royal Dutch AirlinesのB.787-9。
KLM_B787-9_BHI_0006.jpg
以前関空で撮影した機体ですが、これまた創立100周年記念ステッカーが貼られています。

取り敢ずほぼ午前中まで。
しかし、風が強く吹いて、しかも高温だったせいか、離陸機にはメラメラが多くて残念でした。
タグ:写真 飛行機
nice!(0) 

夏休み初日 [日記]

BAW_B777-200ER_YMMG_0006.jpg

ここ数年にしては、珍しく纏まった休みが取れたので、今日から5連休。
しかし、連休後半は台風がやって来るし、天気が良くないので引き籠り確定です。

そんなわけで、夏休み初日は成田詣でに行ってきました。
金曜の成田は、結構色々な機体が来るので、前々から行きたかったのですが、毎回、休みでも何らかの作業が入ったり、悪天候だったり、北風運用だったりと余り良い思い出がありません。

今日はほぼ日中は晴れになる天気予報だし、南風運用だし、と言うので、期待して行ってきた訳ですが、台風が南に蠢いているのをすっかり忘れていました。
どっちにしろ、お盆休みを利用して海外に脱出する人の流れが今日から始まり、珍しい旅客チャーターは飛来しなかったものの、行きのスカイライナーは現地では既に特急券が売り切れていました。

ところで、台風の動き…。
昨晩は先島諸島直撃でしたが、台湾も影響を受け、昨晩の台湾線は全部運休。
今朝もその影響が残っていたので朝便が出発できず、China Airlines、Eva Airの両社とも、昼便は運休になってしまいました。

御陰様でChina Airlinesで予定されていたB.777-300ER、そして、此の日楽しみの1つにしていたEva AirのB.787-10が飛来せず、と言う結果に終わりました。
一方で昼過ぎから台湾の警報が解除された様で、前日夜に出発できなかったChina Airlinesとその子会社のTigerair Taiwanの機体は続々と出発していきます。
しかし、Eva Airの機体は、高雄便だけは出発しましたが、前日夜に飛来したA.330-200は、昼便のお客も引っくるめると完全に乗れないと判断したのか、運休になってしまい、夜にB.777-300ERが来て待ち行列のお客を拾っていくようです。
久々に、成田で昼間にA.330が見られると思ったのに残念。

そしてもう1つのお目当ては、Pakistan International Airlinesでした。
これは着陸料を巡る対立から去年運休していたのですが、その問題が解決して再び運航を開始したもの。
ここ最近の動向から、新塗装の機体がやって来るかと思ったのですが、今日飛来したのは、まさかの毎回撮影しているレトロ塗装機。
しかも、普通14時過ぎに出発する予定が、かなり遅れて19時前になり、その上、B滑走路からの離陸というフェイントを噛ましてくれました。
そう言う意味では、Air IndiaのB.787-8も同様でした。

まぁ、外れもあれば当りもあります。
全く予期していなかったTurkish AirlinesのB.777F貨物機が飛来したり(しかし、数分遅くて到着を撮影出来なかったのが残念)、2日連続で厦門航空のB.787-9の国連特別塗装機が飛来したり、故障のために飛べないと言う噂が駆け巡っていたJALのA.350-900を撮影出来たり、何時もB滑走路に降りるので全然撮影出来なかったANAのB.787-10を初撮影出来たり…などなど、1日成田空港に屯っていると、結局はプラマイゼロになっていたのでは無いでしょうか。

今日の日中はほぼピーカンで、35度近くあった為、水分補給が尋常じゃ無かったです。
冷たい飲料を買ってもすぐに生暖かくなり、水はお湯になってしまいました。
また、おにぎりなんか買ったら絶対腐ると思ったので、パンを買ったのですが、中のクリームが完全に溶け出していました。
サングラスをかけなかったので、ちょっと目が紫外線にやられたり、腕も足も、肌が露出している部分は完全に焼けてしまいました。
本当に夏恐るべしです。

こうして色々と釣果を撮ってきたのですが、中々編集が手付かずで、写真がアップ出来ていません。
釣果は静養日にしている明日以降になりそうです。
タグ:旅行 写真
nice!(0) 
前の10件 | -